ブックメーカーは違法?安全?

ブックメーカーは違法か、ブックメーカーは安全か?このような疑問について回答しています。

下記のブックメーカーは安全にライセンス認可されています

順位 ボーナス 賭け条件 最小オッズ 
1

最大 $500
+ 100 フリースピン

賭け条件: 10x ボーナス額

最低オッズ: 1.80

ボーナスをゲット公式サイト
2

100% 最大 $/€30
フリーベット

賭け条件: 条件なし

最低オッズ: 1.75

ボーナスをゲット公式サイト
3

100% 最大 ¥10,000

賭け条件: 条件なし

最低オッズ: 1.20

ボーナスをゲット公式サイト
4

100% 最大 ¥16,000

賭け条件: 5x ボーナス額

最低オッズ: 1.40

ボーナスをゲット公式サイト
5

100% 最大 €/$100
フリーベット

賭け条件: 条件なし

最低オッズ: 1.50

ボーナスをゲット公式サイト
6

100% 最大 $250

賭け条件: 8x ボーナス額

最低オッズ: 1.60

ボーナスをゲット公式サイト
7

最高オッズ

賭け条件: 条件なし

最低オッズ:

ボーナスをゲット公式サイト
8

100% 最大 ¥13,000

賭け条件: 5x ボーナス額

最低オッズ: 1.40

ボーナスをゲット公式サイト
9

50% 最大 $100

賭け条件: 15x ボーナス額

最低オッズ: 1.50

ボーナスをゲット公式サイト
10

最大 $1,500
+ 300フリースピン

賭け条件: 12x ボーナス額

最低オッズ: 1.80

ボーナスをゲット公式サイト
11

¥2000ベットして¥2000
フリーベット

賭け条件: 条件なし

最低オッズ: 2.00

ボーナスをゲット公式サイト
12

入金不要ボーナス$25
+ 最大 3.2%リベート

賭け条件: 条件なし

最低オッズ:

ボーナスをゲット公式サイト

ブックメーカーの安全性 FAQ

ブックメーカーの安全性についてのよくある質問と回答はこちら。

ブックメーカーは違法なの?

日本に拠点を置くブックメーカーはすべて違法ですので、注意が必要です。当サイトにリストされている海外ブックメーカーは、イギリスやヨーロッパに拠点を置き、ライセンスを得て、合法的に運営されています。日本の法律にはオンラインベッティングに関する詳細な規制がなく、グレーゾーンの状態ですが、海外ブックメーカーのサーバーは国外にあり、オンラインベッティングは海外で行われます。つまり、日本在住者がフィリピンのカジノでクレジットカードを決済に利用し、帰国後にカードの請求書を払うのと同様の状況です。

ブックメーカーで安全なサイトは?

当サイトのブックメーカー一覧にあるベッティングサイトはすべてライセンスされており、安全です。これらのブックメーカーはヨーロッパやイギリスを中心に世界のユーザーから信頼と評価を得ています。

ブックメーカーで稼いだお金に税金はかかるの?

ブックメーカーで稼いだお金については、一時所得とみなされ、税金を払う必要があります。個人の収入と稼いだ金額の合計に応じて課税対象となります。一時所得合計が年間70万円以下の場合、申告の必要はありません。

ブックメーカーで合法的に入出金する方法は?

当サイトにリストされているブックメーカーはすべて合法的な決済方法を提供しています。日本からの決済に利用できる合法的なオプションには以下が含められます。:

オンラインカジノは違法なの?

日本に拠点のあるオンラインカジノはすべて違法です。海外を拠点にライセンスされたオンラインカジノはすべて合法的に運営しています。現在、オンラインカジノに特化した日本の法律はなく、厳密にはグレーゾーンの状況ですが、オンラインカジノのサーバーは海外にあり、日本の法規制の対象から外れています。

オンラインカジノで稼いだお金に税金はかかるの?

オンラインカジノで稼いだ賞金は、一時所得として課税対象となります。一時所得が年間70万円以下の場合は、申告不要です。

ブックメーカーは違法?

ブックメーカーは違法?それとも合法?

この質問に対する最もシンプルな答えは、

「国外でのギャンブル行為には、日本の刑法は適用されない」

となります。

現行の国内の賭博法により、合法的に運営している海外ブックメーカーのスポーツベットでの起訴や、有罪判決を受けた日本のユーザーはいません。

最も分かり易い例を挙げると、日本人が海外旅行のついでに、現地のカジノでギャンブルを楽しんでも、刑法の処罰対象とはなりません

カジノで賭け事をする行為は賭博行為に当てはまりますが、違法とはされていません。これは、日本国民の国外犯処罰規定(刑法第三条)の対象となっていないからです。

刑法187条には、「富くじを授受した者は、二十万円以下の罰金又は科料に処する。」とされています。

けれども、日本人が海外旅行のついでに、現地の宝くじを買っても、処罰対象とはなりません。宝くじを購入する行為は、富くじを授受する行為に当てはまりますが、違法とはされていません。これも、日本国民の国外犯処罰規定(刑法第三条)の対象となっていないからです。

当サイトにリストされているブックメーカーはすべて海外に拠点を置き、マルタ共和国、ジブラルタルやキュラソーなど、管轄区域の政府機関からライセンスを取得し、合法的に運営しています。

Owlie gamble japan jp

BetInJapanではライセンスされた海外ブックメーカーのみを紹介しています。

現行の賭博法が抱える矛盾

日本国内でのカジノを備えた統合型リゾート(IR)の設置が承認されて以来、IR事業の推進・戦略に関する検討も進められてきましたが、国内での賭博に関する法的状況は、いまだに議論の余地を残しています。

日本では、明治時代に定められた刑法185条(単純賭博罪)があり、

賭博をした者は、50万円以下の罰金又は科料に処する。ただし、一時の娯楽に供する物を賭けたにとどまるときは、この限りでない。

とされています。

宝くじ、競馬、競輪、競艇、オートレースは、公営ギャンブルとしてすべて合法とされています。スポーツ振興くじ(toto)も特別法を作って合法化されています。

上記の公営の賭博と、民営のカジノ以外は、刑法第185条(賭博罪)や第186条(常習賭博罪、賭博場開張等図利罪)に当てはまり、違法とされています。

日本では、賭博罪があっても、ギャンブルは市民の日常生活のあちこちに存在しています。

例えば、競馬についても矛盾しています。スマホで国際レースの馬券をJRAから購入して、ドバイワールドカップや凱旋門賞に賭けることも容易です。この行為は違法とはされていません。

民営のギャンブルであるパチンコも、三店方式によって違法性を免れています

ブックメーカーは安全?

日本では、こんな質問がよくあります。これは日本がいかにブックメーカーに関して情報が不足している現状を反映している質問です。

日本を拠点にしたサイトはすべて違法です。これらのベッティングサイトは避ける必要があります。

管轄政府からライセンスを得て、各国の法規制に準拠している海外ブックメーカーは、言うまでもなく「安全」です。これらの海外ブックメーカーは合法的に運営されています。

ブックメーカーの中心地であるヨーロッパやイギリスでは、オンラインベッティンに特化した詳細な規制が整備されています。また、大半のユーザーはブックメーカーの安全性についてある程度の知識を有しています。

世界的に見ると、現時点では、日本はオンラインベッティング途上国のひとつです。そのため、日本在住者にとってはまだ未知の部分が多く、さまざまな誤解や疑問があるようです。実際に、悪質なサイトが出回っているのも事実です。

たまたま見つけた日本語ブックメーカーがすべて安全なわけではないので、注意が必要です。

オンラインベッティングにおける日本市場はまだまだ未開発であるため、日本のユーザーにとっては、安全で信頼性の高いブックメーカーを選択することは非常に重要です。

当サイトでは、管轄政府からのライセンスを受けた、安全な海外ブックメーカーのみを紹介しています。

ブックメーカー 税金

日本在住者がブックメーカーで稼いだお金は一時所得に分類され、金額によっては税金を払う必要があります。

オンラインカジノと同様、一時所得が年間70万円以下であれば、申告する必要はありません。

個人の収入や稼いだ金額に応じて、税金の有無や金額が変わります。

一時所得に含まれるもの
  • 懸賞や福引きの賞金品
  • 競馬や競輪の払戻金
  • 生命保険の一時金や損害保険の満期返戻金等
  • 法人から贈与された金品
  • 遺失物拾得者や埋蔵物発見者の受ける報労金等

一時所得の計算方法は以下です。:

収入金額合計 − 収入を得るために払った金額 − 特別控除額 (上限50万円)

=一時所得の金額

確定申告の際には、ブックメーカーで稼いた分を忘れずに計算に入れて下さい。

ブックメーカー関連記事

ブックメーカーの安全性を見分ける方法

27 5月 2020

ブックメーカーは安全?ブックメーカーの安全性を見分ける方法は?こんな質問にお答えします。 続きを読む